酒言(Sake-Say)...Sak'e'ssay

仕事とお酒♪

大学を出て入った会社は、レトロな感じの会社で、お酒好きの人が多かったです。
何故か実家がお酒関係の人も多かった。
(酒蔵の孫娘とか、造り酒屋の息子とか...。)

特に配属された部署の部長が仕事もやり手だけど大のお酒好きで、よく飲みに連れて行ってもらいました。

当時は、「上司に誘われたら仕事は定時で切り上げる」というのがルールで、6時から、夜は12時頃まで2軒、3軒とお店をハシゴをすることもあり、下手すると2時まで...なんてこともありました。
(バブルはとっくに弾けてたんですけどね)

サラリーマンワールドってこんなことがあるのか...と大変ながらも実は興味津々で、実家や学生時代の飲み会では知ることの無かったいかにも「酒の肴」的な食べ物を知り(鮟肝とか、白子ポン酢とか、モツ煮込みとか)、
そして本当に色んなお酒を飲ませてもらったなぁと、今は良い思い出です。(笑)

上司が当時好きだったお酒は、「立山」「八海山」「浦霞」。
たくさん飲む人はスッキリ系がお好みだったようです。

当時女性が日本酒を飲むのは珍しかったのか、他部門の人からも声を掛けてもらい、偉い方にもご馳走になったり、思えば幸せなことでした。

その当時の名残か、未だに社内では、日本酒といえば〇〇さんと名前だけが一人歩きしていて、困ったものです。

滅多にないけれど、接待でご相伴に預かったり、私が日本酒好きということで、慰労会も日本酒のお店だったり、随分会社には色々な美味しいお酒をご馳走になったなぁという感じです。
感謝しなくては♪

Back